スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の有名な寺のカメ

もみじ
川で、カメを飼おうということになって、思い出したのが、主人が造園の修行中の、京都に住んでいたころを思い出した。ある日、主人と同じ職場のN君が、カメを持ってきた。
「これ、娘さんに。」
「あ、ありがとう・・・」
一歳の娘は喜んで、カメと遊んでいた。帰宅した主人に、
「N君がカメを持ってきたよ。でもどうしたのかしら」
「ああ、あのカメは○○寺の池のカメじゃないか?今、○○寺の手入れしてるから」
「エーーッ!!バチがあたるーー!!」
そのカメは有名なお寺のものでした。という事で、カメは次の日、主人のバイクの荷台にぐるぐる巻きにされ、池に帰って行きました。それを見ていた娘はカメさんと別れるのが、名残惜しそうでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新トラックバック
プロフィール

月の桂の杜

Author:月の桂の杜
つちや造園

宮崎県東諸県郡国富町深年6009番地
宮崎空港より1時間
宮崎駅より30分

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。