スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

030_convert_20100502234409.jpg
猫が飼われた記述が登場するのは平安時代から。
宇多天皇は、大考天皇から黒猫を譲り受けた。
なお黒猫は、夜でも目が見えることから幸運の象徴とされた。
招き猫の黒猫は、魔除け、厄除けの意味を持つ。
一般的に招き猫は三毛猫。
この頃色が多種出てきた。
なお古代エジプトでは猫はライオンの代わりとして崇拝されており、ヨーロッパでは麦の穂の精霊とされ、中国では稲穂の精霊とされた。
犬は人に付くが、猫は家に付く。
ちなみにさっき述べた招き猫の最大の生産地愛知県には、日本最大の招き猫「とこにゃん」がいる。
アメリカでも招き猫は人気。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新トラックバック
プロフィール

月の桂の杜

Author:月の桂の杜
つちや造園

宮崎県東諸県郡国富町深年6009番地
宮崎空港より1時間
宮崎駅より30分

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。