スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっとびっくり

一月
今日の杜の写真。良い出来栄えであろう?
で、昨日の事だが、夜に足の太ももがぴりぴりして、眠れなかった。
最近、よくある症状なのだが、最近ひどいので、病院に。
病院は、酷く混んでいた。
外科も満杯。
ついでだから、内科もかかろうと思って、「内科と外科、お願いします。」
それにしても多い。
内科は、マスクだらけ。
なぜかしら外科には、かわいこちゃんが、患者で座っている。
外科の看護婦が、「土屋さーん。」
わらわ、「あ、私、マイモじゃありませんので。」
外科の女医が、「土屋さん、おっぱい痛いの?」
「はい。左のおっぱいも痛いです。」
ぎゅぎゅぎゅ。
あ、そこそこ。
「あ、私、今日これだけできたんじゃないんです。実は猫が太ももに、爪を立てました。なんかその辺ぐらいから、ぴりぴりと太ももがします。ついでに、両腕もしびれます。」
すると、女医の外科医は、
「あー、太ももね、それって坐骨神経痛だわ」と言った。
「手のしびれ?それって首からじゃないの?レントゲン取る?」
「じゃ、取ります。」
レントゲンを観た女医は、
「土屋さーん、そんな大きな障害はないわよ。でも、なんか曲がってるわね。うふふふ。」
わらわ「曲がってるってどういう事ですか」
「なんか、反っているのよ。写し方が悪かったのかしら。うふふふ。太っていると、神経圧迫するのよね。」
「わかりました。」
「じゃ、もう内科、行かなくていいわね。」
「はーい、ありがとうございましたあ。」
と、いう事で、その間は主人は、2回もやって来た。
「まだか。」「まだか。」
わらわ「きっちょうで、うどん食っちょきゃいいやろ」と言った。
なーんで、入ってくるのかぁ。
風邪ひきの多い病院に。
子供だ。まるで子供だ。
ということで外科女医は痩せて、美しく、優しく、トイレに走っていく。
つまり、太り過ぎ。
太り過ぎで神経を圧迫するなんて、初めて知った。
わらわは、一ヶ月で四キロは痩せねばならない。
皆さん、応援してちょ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新トラックバック
プロフィール

月の桂の杜

Author:月の桂の杜
つちや造園

宮崎県東諸県郡国富町深年6009番地
宮崎空港より1時間
宮崎駅より30分

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。